🆕M.S.K. Riders

014.

『時女のその後‥‥』

(鏡の上に四つん這いに拘束される時女)

時女「お前ら、こんなことして‥‥‥‥許されると思うなよ!」

幹部轟「おおぉ!怖い怖い、さすがライダーの主力格はオーラが違いますね(笑)」

時女「馬鹿にするなっ!」

幹部轟「幹部に昇格した『葛』に代わり貴女の躾(しつけ)をする『轟』です」

時女「躾だとっ!ふざけないで、私は人間よ!」

幹部轟「ホホホッ、貴女は人間ですが『ライダー』です、ここでは『ライダー』は家畜以下なんですよ(笑)」

時女「そ、そんな‥‥‥‥ふざけるなっ‥‥‥‥」

(体を激しく動かすも縄は緩まない!)

幹部轟「ほら、あきらめなさい!妹みたいにね(笑)」

時女「‥‥‥‥い、今‥‥‥‥何て言った‥‥‥‥?」

幹部轟「はっ?私はいい加減、あきらめろと‥‥‥‥」

時女「ち、ちがうっ‥‥その後だ!」

幹部轟「ホホホッ!ああ、そっちですね‥‥あの女ライダー‥‥‥ものの一時間で堕ちましたよ(笑)」

時女「な、なんだと‥‥‥‥戦女が‥‥‥‥う、嘘だ、お前、私を騙す気だろ!」

幹部轟「貴女と違ってあの女ライダーの霊衣は、なんとパンツ一枚(笑)!
だから先ほどお前がやられたやつで、すっかり能力は空っぽになりました(笑)
その後は‥‥‥‥ホホホッ!」

時女「だ、黙れ!私は信じないぞっ!いくら何でもそんな短時間で‥‥‥‥あいつが‥‥‥‥」

幹部轟「信じたくないよな!あの女ライダー、最強と言われてたし(笑)それに‥‥‥‥」

(時女の耳元で囁く幹部轟)

時女「お、お前‥‥‥‥な、なんでそんなことを知ってる‥‥‥‥まさか‥‥‥‥」

幹部轟「ホホホッ!それは、私が姦通一本目だからだよ(笑)」

時女「お、お前‥‥‥‥な、何てことを‥‥‥‥ううっ‥‥‥‥」

幹部轟「ホホホッ!さぁ、お前もあきらめて最後の力を放出しな!」

時女「い、戦女っ‥‥‥‥」

幹部轟「ほら、まずはその四つん這いの姿勢から『土下座』するんだよ!」

時女「な、なんだと‥‥‥‥ふ、ふざけるな‥‥‥‥」

幹部轟「ホホホッ!いいのか?(笑)
言う通りにしないと妹のアソコ、木偶の肉棒でひろがりすぎて、普通のセックスができなくなるぞ(笑)」

時女「こ、こいつ‥‥‥‥卑怯だぞ!」

(屈辱の中、ゆっくりと土下座を始める時女)

幹部轟「そうだろ、お前はもう俺の言うことを聞くしかないんだよ、ほら鏡に映る自分の土下座顔を見るんだよ(笑)」

時女「ううっ‥‥‥‥こ、これでいいか!」

幹部轟「ホホホッ!それはどうかな(笑)」

(時女の背後にまわると時女の尻をいきなり強く叩く幹部轟)

時女「はうっ!な、何を‥‥‥‥」

幹部轟「ほら、もっとしっかり土下座しないと!もっともっと顔を鏡に擦りつけるんだよ(笑)」

時女「こ、こいつ‥‥‥‥」

(従う時女‥‥‥‥冷ややかに笑う幹部轟!)

幹部轟「そうだ、そうだ、ホホホッ!いい感じでケツが突き出てきたぞ(笑)」

時女「お、お前‥‥‥‥そ、そんなことのためにと、土下座を‥‥‥‥」

(再び尻を強く叩く幹部轟)

時女「はうっ‥‥‥‥や、やめろ‥‥‥‥」

幹部轟「家畜は余計なクチを挟むな(笑)」

(闇から二体の木偶が姿を現す)

幹部轟「今からお前の体内に残った力を全て空っぽにしてやるからな(笑)」

(木偶に尻を愛撫される時女!)

時女「や、やめろ‥‥‥‥そ、そんなところ‥‥‥‥な、舐めないで‥‥‥‥」

幹部轟「よし、マンコをひろげろ!」

時女「や、やめて‥‥‥‥そ、そんな‥‥‥‥」

(またも尻を強く叩く幹部轟)

時女「はうっ‥‥‥‥ううっ‥‥‥‥」

幹部轟「何度言えばわかる、お前は家畜なんだよ(笑)」

(幹部轟の視線に耐えるしかない時女)

幹部轟「もう少し穴は上を向いてた方がいいな、持ち上げろ!」

時女「えっ?な、なに‥‥を‥‥‥‥うぐっ‥‥‥‥」

(いきなり時女のマンコに指を突っ込み、尻を持ち上げる木偶)

時女「ううっ‥‥‥‥や、やめて‥‥‥‥あ、あそこが‥‥‥‥ひ、ひろがっちゃう‥‥‥‥」

幹部轟「ホホホッ!いい感じでマンコの穴がひろがりましたね、今から超振動波のディルドを貴女の上と下の穴から挿入します(笑)」

時女「や、やめろ‥‥‥‥や、やめて‥‥‥‥っ!」

(

有無を言わさずマンコにディルドが挿入される)

時女「は、はうっ‥‥‥‥ああぁぁ‥‥‥こ、これは‥‥‥」

幹部轟「ホホホッ!そうです、体内の凍気が超振動のディルドによって分解され、そして子宮にたどり着いたらどうなるかわかりますか(笑)」

(青ざめる時女)

時女「ううっ‥‥‥‥ああぁぁ‥‥‥‥」

(徐々に増していく快楽の波にあがなう時女)

幹部轟「ホホホッ!無理無理(笑)
普通のバイブの何百倍もの振動が貴女の子宮を直撃するのですよ、正気を保てますかね(笑)」

時女「や、やめ‥‥‥‥うぐっうぐっ!‥‥‥‥」

(クチにもディルドを突っ込まれる時女)

幹部轟「ホホホッ!その生意気なおクチにもディルドがお似合いだ(笑)」

時女「うくぐっ‥‥うぐっうぐ‥‥‥‥はぁはぁ‥‥‥‥うくぐっ!」

(3時間後)

幹部轟「貴女の能力の体内蓄積量は半端ないと幹部葛から聞いてましたが‥‥‥‥まさかこれほどとは(笑)」

時女「‥‥‥‥はぁはぁ‥‥‥‥‥も、もうあきらめな!」

幹部轟「それでは私が任された意味がない、では次の責めに入ります(笑)」

時女「な、なんだと‥‥‥‥」

幹部轟「ホホホッ!耐え抜いたことを後悔しますよ(笑)」

(さらに1時間後)

幹部轟「いい格好です」

時女「うううっ‥‥‥‥」

幹部轟「さぁ、絶望へのカウントダウンが始まりましたよ」

015.

(拘束棒に縛られ木偶に囲まれる時女)

時女「うううっ‥‥‥な、何を‥‥する気‥‥‥」

(木偶が性欲を抑えきれす‥‥‥‥)

時女「や、やめろ‥‥‥‥さ、さわるな!‥‥‥‥」

幹部轟「さぁ、準備ができましたよ(笑)」

時女「こ、これは‥‥‥‥」

幹部轟「ご覧の通り三角木馬てすよ、さぁ、次の躾は乗馬ですよ(笑)」

時女「こ、これに‥‥‥‥や、やめて‥‥嫌よ!」

幹部轟「だから後悔しますよと言ったんですよ!さぁ、木馬責め!楽しみましょう(笑)」

(木偶に担がれ、木馬にまたがされる時女)

時女「ひいぃぃ‥‥‥‥や、やめなさい‥‥‥‥あぐうぅぅ‥‥‥‥」

幹部轟「いい格好です(笑)」

(内腿で木馬を挟み、ひたすら耐える時女)

幹部轟「おや、だいぶ能力も薄れてきましたね、ほぼ全裸ですよ(笑)」

時女「だ‥‥黙れ‥‥‥‥私は‥‥あ、あきらめないぞ」

幹部轟「ホホホッ!いい表情ですね、思わずクチまんこに挿入したくなりますよ(笑)」

時女「なら‥‥やってごらん、一瞬で凍りつかせてあげるよ‥‥‥‥」

幹部轟「ホホホッ!
この状況でその威勢、いいですねぇ!
姫さんを責めた時とは違った反応を期待できますかね(笑)」

時女「ひ、姫姉さんが‥‥‥‥これに‥‥」

幹部轟「さすがにこの時ばかりは心折れてましたよ、貴女は耐えれますかね(笑)」

時女「ふ、ふざけないで、私は見世物じゃないわ!」

幹部轟「おやおや、まだ無駄な虚勢を張りますか!では、やれっ!」

(両腕を縛り上げている拘束棒を木偶が上げ始める)

時女「ま、まさか‥‥‥‥や、やめて‥‥や、やめろっ!」

幹部轟「ホホホッ!これで木馬を挟めなくなりましたね!では(笑)」

(幹部轟の合図で拘束棒が下ろされる)

時女「うぐっげっ○▲✕◼️っげ‥‥‥‥あがあぁぁ‥‥‥」

(木馬の頂点が時女の股間に喰い込む‥‥‥‥)

時女「い、痛いぃ‥‥うううっ‥‥さ、裂けるぅぅ‥‥‥‥」

幹部轟「おっ、何処が裂けるんてすか?(笑)」

時女「い‥‥‥‥言えるか‥‥‥‥うううっ‥‥‥‥」

幹部轟「ホホホッ!まだそんなクチが聞けるとは、では(笑)」

(再び幹部轟の合図で拘束棒の上下運動が始まる)

時女「うっ…うぐぁ……も、もうだめ……あ、あそこが……さ、さける…………さ、さけぢゃう……」

(幹部轟の合図で拘束棒が上げられ停止する)

幹部轟「どこが、裂けちゃうんだ?(笑)」

時女「はぁはぁ‥‥‥‥ち、恥骨よ!」

幹部轟「0点ですね!もっとわかりやすい呼び名があるでしょ(笑)」

時女「うううっ‥‥‥‥そ、そんなの‥‥‥‥‥‥」

(再び拘束棒の上下運動が始まる)

時女「ひいぃ○◼️▲✕◼️○ぃぃ‥‥‥‥た、だめぇ‥‥‥‥」

幹部轟「早く素直にならないと!
あそこが使い物にならなくなるぞ(笑)
ほら言うんだ!どこが裂けるんた?」

時女「‥‥‥‥うううっ‥‥‥‥ぉ‥‥お、おまんこよ……時女のお、おまんこ……おまんこ!‥‥た、だからもう‥‥‥‥ああぁぁ」

(拘束棒が上げられ、そして停止する)

時女「はぁはぁ‥‥‥こ‥‥こんなこと‥‥言わせて楽しいの‥‥‥?」

幹部轟「ホホホッ!家畜の躾ですよ躾っ(笑)
ほら、まだ始まったばかりですよ、では次の責めですね!」

(幹部轟の合図で木馬の頂点に超振動か流れる)

時女「こ、これは‥‥‥‥ま、まさか‥‥‥‥」

幹部轟「そうです、今度は花芯‥‥クリトリスを削りますか(笑)」

(木馬に下ろされ、時女のクリトリスが木馬の餌食に‥‥‥‥)

時女「うがあぁぁ‥‥‥‥や、やめてぇ‥‥‥‥ち、ちぎれる‥‥‥‥ちぎれちゃう‥‥‥‥!」

幹部轟「どうです、快楽と激痛で体内の凍気を維持できないでしょう(笑)」

時女「うぎあぁぁ‥‥‥‥ああぁぁ‥‥‥‥だ‥‥だめ‥‥だめぇぇぇ‥‥いやぁぁ‥‥‥あっあっあっ‥‥‥」

幹部轟「おや、ひょっとしてイキましたか(笑)」

時女「こ、こんなんで‥‥‥‥イクわけないだろ‥‥‥‥」

幹部轟「そうですか、では今から超振動をMAXにしますね、何秒耐えられますかね(笑)」

時女「‥‥そ、そんな‥‥ま、まって‥‥や、やめて‥‥‥‥やめぇぇ!」

(振動がMAXに!‥‥‥‥)

時女「うぎゃぁ‥‥‥‥‥‥はうっ‥‥はうっ‥‥はううぅぅっ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥」

(拘束棒に吊り下げられたまま、あえなく失神する時女)

幹部轟「おや、もうイキ果てて失神するとは、なんとも情けない」

(その時、時女の股間より制御不能となった凍気が溢れだす)

時女「‥‥‥‥」

(失神した時女の尻を鷲掴みにする木偶たち)

(羞恥心を感じる間もなく、残りの能力を全てひねり出される時女……)

幹部轟「これで貴女も空っぽです(笑)」

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です